My Favoritesわたしのすきなもの。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
旅行記まとめ
旅行記のおまけとして最終日のところに写真をちょいと追加、そんでもってヴェーザー・シュタディオン周辺の案内図(のようなもの)も作ってみたですよ。これから現地に行かれるという方もいらっしゃるでしょうし、少しでも参考になればと思います。

ヴェーザー・シュタディオン周辺案内図

あと、旅行時持ち歩いてたメモに残ってる情報も参考までに載せておきます。詳細は続きでどうぞ。
続きを読む >>
| 23:09 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
日本へ
ついに日本に帰る日がやってきたわけですが、お昼までにフランクフルトに到着しなければいけないので早朝4時に起きて5時前にホテルをチェックアウト。

ホテルを眺める

当然外はまだ暗いです。

ホテル前の道路

車だってそんなに走ってません。

時刻表

でも、ブレーメン市内は深夜〜早朝でもバスが走ってるので(夜便みたいなのがあるですよ)これに乗って中央駅まで移動。バスの中には意外と人が乗っててびっくりしたのですが、まぁ月曜日なので朝早くお仕事に出かける人もいらっしゃるのかもですね。中央駅に着いたのは5時20分頃だったのですが、パン屋さんなど一部のお店はもう営業を始めてました。で、自分は5時40分発のECでドルトムントへ。途中、オスナブリュックやミュンスターで乗り込んでくるおじさん達が手にしている地元紙の一面が、昨日行われたF1の決勝で優勝したシュー兄ばかりなのを見て、彼のファンでもある自分はとっても幸せでした(笑)。

ドイツの新聞

フランクフルトに到着後、空港で貰った新聞もこんな感じ。さすがドイツ。

で、その後ドルトムントでICEに乗り換え、ケルン経由でフランクフルトまで。1等が空いてなかったので2等で空席を探したのですが、親切なご夫婦が「ここ空いてるから座りなさい」と隣の空いてる席を指で示して下さったので、大荷物を抱えた自分は大助かり。テーブルのある席だったので荷物を置くスペースもあったですよ。今回の旅、あちこちで親切にしてもらってドイツの人たちがますます好きになりました。

やがてICEはフランクフルトに到着。チェックインを済ませ本屋でちょいとお買い物。ドイツ代表の大小さまざまな大きさのカレンダーが売られてたのですが、Amazonでも買えるものばかりだったので、kickerやSport Bildだけ購入。あと、違うお店でお土産を買ったのですが、W杯前ということでドイツ代表の選手が描かれたコーラが売ってまして。

バラック缶

普段コーラなんて飲まないのですが記念に1本買ってみました。

お買い物をしてる間に出発時間が迫ってきたので関空行きの飛行機に乗り込み、名残惜しさを感じながら離陸。名残惜しいというか後ろ髪引かれるとゆーか。離陸して遠ざかる空港を見ながらちょっとおセンチ(死語)な気分になりかけたですよ。でも、上昇時に機体がガタガタ揺れたものでちょいとビビってしまい、そんな気分も吹っ飛んじゃいました(苦笑)。

帰りの機内では寝てることが多かったですけども、関空到着前に隣の席の男性が取り出してテーブルの上に置いたパスポートを見たらブルガリアのものでして。折しも日本ではサッカーの日本代表×ブルガリア代表の試合直前でしたので、もしかしたら取材にこられた方だったのかな?

ま、いろいろあった旅でしたが無事に日本に帰ってくることができました。

しっかし、出国するときは肌寒いくらいだったのに帰ってきてみればいつのまにやら初夏の陽気。ちょっと蒸し暑い感じに「あー帰ってきたんだなー」と改めて帰国したことを実感してしまったのでした。

というわけでこの旅行記はここまでです。だらだらと書き綴ったものをここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました!

追記:おまけとしてドイツ滞在中に撮影した写真をちょっとだけ追加してみました。撮影者の腕が未熟なためたいしたものはありませんが、それでも見てみたいという方は続きからどうぞ。
続きを読む >>
| 20:48 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
練習見学
朝起きてテレビをつけたらドラゴンボールZが……。日本のアニメはこちらでも人気のよう。DVD売り場でプリキュアとかも見掛けましたしね(笑)。

それはさておき、この日は10時から練習とあったので10時前に練習場へと向かったわけですが、いざ着いてみると練習場入口の扉は閉ざされていて中には誰もいません。あれ?時間か場所変更になったのかな??スタジアムの関係者出入口前にちらほらとファンと思われる人たちの姿があったのは確認してたので、とりあえずそこまで戻って様子を見てみることに。すると、出入口前にオープンカーを止めて携帯で話し込んでいるクラフトさん(GKコーチ)の姿が。なかなか絵になります(笑)。って見惚れてる場合じゃない、スタジアム内に入っていく彼を捕まえて何か尋ねているファンがいたので、その人を捕まえて「今日は練習ないの?」と訊いてみると、「昨日6-0で勝ったから練習はお休み、マッサージだけだよ」とのこと。

なんですとー!?

「明日の朝はあるよ」とも教えてくれたのですが朝にはブレーメン発たなきゃいけないのですよ。これが最後のチャンスだったわけですよ。ブレーメン去っちゃうラゲルブロムやファン・ダンメにはお礼とかいろいろ言っときたかったのにな……しょぼん。

そんなわけで帰ろうかなと思ったのですが、他に予定もないし、マッサージがあるってことは何人かの選手は顔出すかも、ってことでこれまでの旅のメモをまとめつつ待っていたら。関係者出入口からバウミが出てきて向かいの駐車場横の練習場(前述の練習場とは別)で走り始めましたよ!と思ったら今度は車でヴラニェスが。彼にはまだサインをもらってなかったなと思い駐車場から出てきたときにサインをゲット。そんでもってこのとき彼は負傷欠場中だったんで「早く良くなるよう祈ってます」と言ってみたら、控えめに"Thank you"と。ほ、なんとか伝わったようで良かった……。

その後バウミを見るため練習場に移動、フェンス越しに走ったりボールを蹴ったりする彼を見ていたのですが、ちらっと脇に目をやると少しだけ開いた出入口から小さな男の子とその姉と思しき女の子が中へ入っていくではありませんか。あらあら、危ないよーと思ってたらその男の子、"Vater"って言いながらバウミのところへ……ファーター?お父さん??ってことはバウミのお子さんたちですか!?

わー、子連れで練習ですかー。なんかいいなぁ(微笑)。二人のお子さん、練習用具で遊んだり外で練習見てる小さなファンと遊んだりとなかなか可愛らしかったです。そんでもってファーターなバウミも素敵でした。チームの練習は見られなかったのは残念だけど、思いがけずいいもの見ちゃったかも。

バウミ練習中

順調に回復してるらしくこの日はシュート練習なんかもしてました。

その後、名残惜しさを感じつつスタジアムを後に。シュノーア地区を散策&写真撮影した後ホテルへ戻ってテレビでF1の生中継観てました。

ちなみにシュノーア地区で撮った写真はこちら。

シュノーア地区その1

シュノーア地区その2

すんごく可愛いとこでした。

その後、F1中継をやってたチャンネル(RTLです)でポルディ特集みたいなのが始まったのでそちらも見たのですが、バスケやったりゲームやったりラリーカーのナビ席に同乗したり、はたまたドイツのミリオネアに出演したり(見事賞金ゲットしたっぽかった)、こちらではあまり拝めないような映像満載でした。やっぱドイツいいなぁ。あと、別のチャンネルでツヴァイテのハイライトなんかもやってたのですが、久々に動いてるボレル(知らない方のために説明しとくと以前ブレーメンにいたある意味伝説のGKです)見ましたよ!チーム負けちゃってましたが……。

軽く夕食を食べた後、明日早朝の出発に備え荷造り開始。

でも、荷造りしつつやっぱりテレビ見てたりして。MTVでカーンとフリンクスがワゴン車に載って移動中にインタビュー受けたりピザの配達をしたり(受け取った少女が驚いてました)一緒に記念写真撮ったりしてたんですが、どーゆー企画だったんでしょうこれ(笑)。路面に雪が積もってたので冬に撮ったっぽい?

やがてお土産とか増えた荷物に手こずりつつなんとか荷造り終了。早起きに備えて早めに就寝。

いよいよ明日はドイツ滞在最終日!
| 20:59 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
ケルン戦生観戦!
いよいよ今日はケルン戦当日。試合の前に買い物を済ませたいと思い朝8時に起床。でもあれこれ準備してる間にあっという間に10時過ぎに……。ちなみにテレビでクラニーやラウト、ヒンケル、フリードリヒが出てるヌテラのCM見たんですけど何種類かあるらしくそのうちクラニーver.とヒンケルver.を見ることができました。踊るクラニーと(いや、リフティングとかの真似してるんですけど動きが面白くて)♪アリゾナ〜とか歌ってるヒンケルがすげーおかしかった!(笑)

それはさておき、急いで朝食を済ませてマルクト広場のすぐ側にあるKarstadt Sportsに赴きお買い物。いわゆるスポーツショップなのですが、最上階でブレーメンのユニやグッズなんかも扱ってます。ブレーメンだけじゃなくてブンデス他クラブのユニ&グッズとか各国代表のユニ、W杯関連グッズ等いろいろ取り揃えてました。ここでちょいとお土産を買い、すぐ近くの小さな靴屋(ここもブレーメンユニ&グッズあり)でブレーメンユニ(アウェイ)が30ユーロで売られてたので購入。シーズン終盤ということで値下げしてた模様です。本当は緑とオレンジのも欲しかったんですがスタジアムのファンショップでもその他の店でも売り切れてました。ウルトラマンカラーのユニはあったんですけどね(笑)。"NO ORANGE"の横断幕が出たりするわりに結構緑とオレンジのかぼちゃユニ着てるサポは多かったです。この日は試合があるということもあって道行く人のユニ着用率は非常に高かったかな。ブレーメンだけでなくケルンユニを着た人もぞろぞろ歩いてました。後で知ったのですがケルンから大挙して応援団が駆けつけてたそうで。それでかー。

ちなみにクロスケさんに教えて頂いたのですが、試合のある日はスタジアムに向かって左側のファンショップが開いていてその前ですぐにネームを入れてくれるということなので試合前に寄ることに。

Karstadt Sportsの隣にはデパートのkarstadtがあり(さらに奥にはKaufhofというデパートも)、この地下にはCDやDVDを扱った店が入ってます。前の日に立ち寄った際にドイツ代表のDVDを見つけて購入したのですが、帰国してからじっくり鑑賞してみたら日本ではなかなか見られないような映像ばかり。代表の若手選手のインタビューが中心なのですがミロのインタビューも入ってます。日本からも購入可能なので興味のある方はリンク先をどうぞ。

とりあえずケリーの映像が素敵過ぎたので彼が好きな人は買って損は無いと思いますよー。現地でのご機嫌なケリーといいこのDVDといいケリー株急上昇(笑)。

で、旅行の話に戻りますが、マルクト広場と中央駅周辺でお買い物を済ませた後は荷物を置きにいったんホテルへ。そしてブレーメンユニ+マフラーで身を固め再び外へ。Domsheideでトラムに乗り換えSt.Jurgen-Str.まで移動、そこから徒歩でスタジアムに向かい、まずはファンショップの前で先程購入したユニにクラスニッチのネームを入れてもらいました。日本じゃ彼のネーム入りのユニはなかなか扱ってないので現地でようやく調達。なお、料金はネームと背番号で10ユーロ、あとブンデスリーガのパッチが2ユーロか3ユーロほどでした。その後遅めの昼食代わりにブラートヴルストとパンを食べ、フリンクス表紙のWERDER MAGAZINが売られてたのでそちらも購入。そうこうしてるうちに試合時間も迫ってきたのでゲートでチケットを見せボディチェックを受けてスタジアムの中へ。

席はコーナー近くの1階席後方でした。少し離れたところにアウェイのケルンサポが陣取ってます。なんだか真っ赤です。試合前からかなり盛り上がっちゃってます。

とりあえず試合前の写真を幾つか。

ケルンの選手たち

試合前の練習に出てきたケルンの選手たち。

ブレーメンサポその1

マフラーを掲げて盛り上がるゴール裏のサポ。

ブレーメンサポその2

今度は緑色の風船を掲げてみたり。

ブレーメンサポその3

反対側のゴール裏も盛り上がってます。

天気は良かったのですが屋根の影ということもあり最初はちょっと半袖じゃ肌寒いかなーと思ってたのですがスタンドが人で埋まってくるにつれだんだん体感温度も上がってきました。自分の前の席には引率の先生らしき大人に連れられた子供が団体で陣取ってたり。日本と同じく女性や子供も安心して観戦できる環境ってやっぱいいですね。で、スタンドでは応援歌を歌ったり選手紹介時にホームの選手の名前をみんなでコールしたり。それから今日の試合がこのスタジアムでの最後の試合となるラゲルブロムとファン・ダンメには花束が贈られていて、みんなから暖かい拍手が。そんな感じで徐々に雰囲気は盛り上がっていよいよ試合開始。

プレッツェル

試合の合間にプレッツェルを食す。美味。

試合の内容については日本でも放送があったので割愛しますが、デュイスブルクでできなかったゴール後のコールに参加できたのがやっぱり嬉しかったな。しかも6回も!(笑)あと、他会場の経過がビジョンに表示されるたびにスタンドが沸いてたのですが、後半ヘルタがHSVをリード、と表示された時の盛り上がりは凄まじかったです。日本の放送でもしっかりスタンドの歓声や声援が入ってましたね。でも、ホームのサポだけじゃなく最後まで一生懸命応援を続けたケルンサポも凄かった!その姿には自分の周囲にいた人たちも感心してた模様。

スタンドに詰め掛けたみんなに挨拶

試合直後場内を回ってファンに挨拶する選手たち。

試合後は最前列まで移動してクールダウンのためにピッチに出てきた選手たちを眺めたりビジョンでハイライトを見てたりしたのですが、フリンクスが裸足で走ってました……。クラスニッチやナウドはファンに名前を呼ばれて笑顔で手を振ってたりと大勝したせいもあってかみんな疲れてるだろうにご機嫌でした。

その後スタジアム横のVIP専用出入り口の前に移動、ちょいと出待ちなんかをしてみたり。買ったばかりのクラスニッチのユニにもサインをもらえたし、前日逃してしまった他の選手からもサインをもらえたのですが、今季限りでチームを去ることになったラゲルブロムとファン・ダンメに会えなかったのがちと残念。そんなわけで翌日午前中からの練習に最後の望みを託しホテルに戻りました。

ホテルに戻る途中試合を見られなかったファンと思しき二人組に「試合どうなったの?」と尋ねられたのですが(「ごめんね、ドイツ語わかんないよ!」と言ったら英語で話してくれました)、「6-0で勝ったよ!」と教えてあげたら「6点?6点も取ったの!?」とびっくりしつつも喜んでました。

K+Kユニ

ホテルに戻ってユニを並べてみる。

ミロのサイン

わかりにくいですがミロのサイン。

クラスニッチのサイン

こちらはクラスニッチの。

二人とも大事にするからねー、ありがとー!!

というわけでこの日はこれでおしまい。
| 23:56 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
ブレーメンで練習見学
この日は少しゆっくり寝て9時半頃起床。シャワー浴びて顔洗って着替えてメイクしつつテレビを見ているとDQ8のCMをやっていた。ほほう、こっちでも売ってるんだー。そんでもって元ドイツ代表でブレーメンの選手でもあったボーデさんがレギュラー出演してる子供番組"TOGGO UNITED"のCMも見ました。ボーデさんはもちろん来季レバークーゼンに移ることが決まっているキースリンクも出てたのですが見てみたかったなーこの番組。で、テレビを見つつリュックに必要なものを詰め替えてまずは中央駅へ。既にお昼前になっていたので朝昼兼用で食事を済ませ、天気もいいので散歩がてらスタジアムまで歩くことに。

で、スタジアム到着後初のブレーメンの練習見学となったわけですが。到着後早々に駐車場から出てきたミロとニアミス!生ミロは横浜の日本代表との親善試合でも数日前のデュイスブルクでも見たけどこんな近くで見られるなんて!と素直に感動(笑)。その後スタジアムの奥にある練習場まで移動したのですが、昨日訪れたドルトムントの練習場と違って観覧席との間にフェンスはありません。フェンス代わりに低めのバーが設置されているだけでした。なので写真もフェンスに邪魔されることなく撮れますよと。

休憩中

携帯カメラで獲るとこんな感じ。

主将

弟に借りたカメラで撮った写真はこちら(画像をクリックすると拡大)。ややピンボケしちゃってますが欠場中のバウミが元気そうでちょっと安心。別メニューの練習ながらボールを使った練習も始めてました。ラインケさんは普通にチーム練習に参加してて紅白戦にも参加してました。あの大怪我からここまで回復してくれて嬉しいというかホント良かったなぁと。ただ、この日ヴィーゼがなんだか元気なく途中で練習場からいなくなっちゃいまして。怪我でもしたのかそれとも体調でも悪いのかと心配したのですが翌日の試合ではいつもどおりだったのでまぁたいしたことはなかったんでしょうけど。

アロさん

練習中にはGMのアロフスさんも登場、でも取材受けたり携帯で電話したり忙しそうでした。

先輩後輩

あと、ポーレンツ君はドリンクの入ったクーラーボックス運んでたりしたのですが、やはりこういった役目は後輩のお仕事なんでしょうか?休憩中にはミロにドリンク手渡してる姿も確認。んで、ミロはラインケさんにドリンク放り投げてました。体育会系のノリ?(笑)

それから紅白戦は見てて面白かったですね。ボール追っ掛けた選手が目の前に突っ込んできたりして。フェンスがないってホント素晴らしい。でも、ときどき子供がバーの隙間から入り込んだりしてたのでシャーフ監督が紅白戦開始前にバーの向こうに行くよう指示出してました。うんうん、怪我とかしたら危ないもんね。

シャーフ監督

迷い込んできた小さな子供に話しかけるシャーフ監督。素敵。

練習後は練習場からスタジアム(クラブハウス等の施設は全て中にある)に歩いて戻る選手たちに近付いてサインしてもらったり写真を撮ったり。みんな気軽にファンに応えてたのですが、中でもわざわざ立ち止まって写真を撮らせてくれたボロ、それから一緒に写真撮るときに周りにいたファンにお願いしてシャッターを押してもらおうとしてた私の手からカメラを取り自らシャッターを押してくれたクラスニッチの両選手は特に気さくな感じでさらに好感度UP!(笑)ミロにも日本から持ってきた彼のネーム入りのユニフォームにサインをしてもらえたのですが、あっという間に子供たちに囲まれてしまって写真はお願いできず。まぁ子供相手じゃね、仕方ないや。でも、多くのファンに囲まれて人気者のミロを眺めてるだけでも幸せでした。あぁ、毎日でもこうやって見られればいいのになー!

ダンケ!

スタジアム前の看板(?)がファンに対するお礼モードになってました。

幸せな気分で選手たちを見送った後はブレーメン在住のクロスケさんとお食事をする約束が入ってたのですぐ近くの待ち合わせ場所まで移動。クロスケさんにはブレーメン入りする前にもいろいろ現地の情報を教えて頂きお世話になってたのですが、お会いするのはこの日が始めて。簡単に挨拶をした後Weserstadion(バス&トラムの駅)前の公園の側にあるレストランに入るとベックス(ブレーメンの地ビール)で乾杯、料理を楽しみつついろんなお話をさせて頂きました。ちなみに料理はジャガイモのスープとツナの入ったサラダ、デザートにアイス。サラダがまたボリュームたっぷりですぐにお腹いっぱいに……。でも美味しかった!ちなみにこのお店、試合のある日はスクリーンが出てスポーツバーのような雰囲気になるそうです。その他クロスケさんには現地在住の方ならではの話を聞かせて頂きました。お忙しい中時間を割いて頂きどうもありがとうございました!

食事後はちょいとマルクト広場まで移動してブレーメンの音楽隊像のロバの足を掴みながら明日の試合でブレーメンが勝ちますように&K+Kが活躍しますように!とお願い。試合を見た方はご存知の通り、効果覿面(笑)。いやー音楽隊様々ですね!ってまぁ頑張ったのは選手のみんなですけども。

夜の市庁舎

世界遺産の市庁舎。音楽隊の像は市庁舎の向かって左横にひっそり佇んでいます。夜のマルクト広場は昼間の賑やかさとはまた違った雰囲気で素敵ですね。この後はクロスケさんに見送られつつバスでホテルに戻り、翌日の試合を楽しみにしつつ就寝。

というわけで続きはまた後日。
| 18:09 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
ドルトムントへ
前夜あんなことがあったものの頑張って早起きして顔を洗ってたらまた床に血が……。どうやら動いたことで傷口が開いちゃった模様。うわー、お出かけするのにこれは困ったなーと思いつつ出かけないわけにも行かないので、着替えた後フロントに連絡して包帯をもらって自分で手当てをすることに。また出血しても困るのでコットンを当てた上からきつめに包帯をぐるぐる。靴履けるかなーと思ったけどなんとか大丈夫だったのでそのままチェックアウトを済ませデュイスブルク中央駅へ。

でもなんだか歩きにくい……。

それでもぼちぼちといった感じで駅に辿り着き、パン屋で朝食。パン大好きな人間なのでドイツでもパンばかり食べてたのですが、ここのサーモンサンドも美味しかった!(鮭も大好き)

で、朝食&軽く休憩のあとICに乗り込んだわけですが、ブレーメンに戻るかドルトムントで下車するか結構迷いました。朝からバタバタしちゃったおかげでこのままブレーメンに直行しても練習開始の10時にはとても間に合いそうもないけど、途中からなら見られるかもしれないし、でもドルトムントの練習も見たいし、でもでも練習場の場所わかんないしうーんうーん。でも、迷ってるうちにドルトムント中央駅に着いちゃったので、ええい、ここで降りちゃえ!と思い切って下車。とりあえずスタジアム行っとけ、ってことで駅員さんに場所を聞いてUバーンに乗り込みました。U45でWestfalen Hallenまで。

Westfalen Hallen南口より

駅に到着後南口(多分)から出ると近くにスタジアムが見えてました。そこから2分くらい歩いてスタジアム隣の事務所っぽいところで練習場の場所を教えてもらったのですが、「ごめんね、日本語わかんないけど」と言いつつ英語で丁寧に教えてくれたお兄さんに感謝!すんごくわかりやすかったです。ドイツ来てから何度も思ったけどドイツ人って親切な人多いですね。なんか嬉しい。

シグナル・イドゥナ・パルク

W杯で日本とブラジルの試合が行われるのもここ。

ええとそれはさておきですね、とりあえず教えてもらったとおりにスタジアム正面を通り過ぎて左へ進み、それからしばらく歩くと右側に練習場が見てきました。観覧席らしきところにはまだ誰もいなくて、ゲートにも鍵が掛かっていたのですが私を見つけた係員らしきおじさんが鍵を開けてこっちだよと教えてくれたのでお礼を言って中へ。

誰もいない練習場

しばらくベンチに座って待っているとぼちぼち地元のファンらしき姿がちらほら。そして練習開始の10時になるとこちら側にあるゴール前にヴァイデンフェラー登場。GKコーチと一緒にダッシュやストレッチをこなしたあとキャッチングの練習などやってましたが生ヴァイデンフェラーはやはしカッコイイ!実はブレーメンのヴィーゼの次に好きなGKだったりするんですよね。間近で練習を見つつ感動してると次々に他の選手が出てきてランニング開始。うわーエビちゃんだークリンゲだーブルちゃんだー!!!

フェンス越しに練習を眺めてるうちに、気付けば観覧席にも結構人が増えてたりして。ベビーカーを押した主婦っぽい人や散歩がてら立ち寄ったと思しき犬を連れたおじいさん、学生っぽい子、いろんな人がいる。なんだかいい雰囲気だなー。天気もいいし。

のんびり練習を見学したあと、さてどうしようかと外に出てウロウロしていると駐車場らしき場所に人が集まっていた。なんだろ?と思い近付いてみるとフェンス越しに選手がいて集まったファンにサインをしているじゃないですか!ちょうどエビちゃんが出てきたところだったので慌ててスケッチブックとペンを取り出し自分もサインをしてもらいました。その後もぼちぼち現れる選手から次々にサインをしてもらったのですが、ふと気付くと自分の斜め前あたりに日本語で会話してる日本人女性らしき二人連れが。

も、もしかして?

思い切って声を掛けてみるとやっぱり、hebee04さんschwarzgelbさんでした。デュイスブルクの試合やドルトムントの練習見学に行かれるということでしたのでもしかしたらどこかでばったり遭遇するかも?とは思ってたのですがいやはや(笑)。

いろいろお話を伺いつつ出てきた選手にはすかさずスケッチブックとペンを差し出すのも忘れずに。ヴァイデンフェラーのサインもゲットしましたが、目の前を通ったときにすんごくいい匂いが……。なるほど、その辺気を遣ってるわけね(笑)。あと、ケリーはサインだけでなく一緒に写真も撮ってくれたのですがすんごく愛想良くて好感度UP!!いやーご機嫌でした。

その後はお二人と中心街へ移動、お昼をご一緒することに。メニューを見たらファンタオレンジで割ったビールがあったので興味津々で注文。そういうのがあることは知ってたのでちょっと気になってたんですが。うー、不味くはないけどなんか違和感が。慣れてないからかなー。料理の方はシチューにポテトやカリフラワーを添えたものを頂きました。うん、美味しい。でも、やっぱドイツの料理はボリュームが……(でっかいお皿の真ん中にシチュー、そのまわりにごろごろと野菜)。自分は結構食べる方なのですがそれでも一皿だけでお腹いっぱいになっちゃいます。なのであとはオレンジジュースだけを注文。

そんでもって食事を楽しみつついろんな話で盛り上がった後は歩いて中央駅まで。Sバーンで移動するhebee04さんとはここでお別れ。schwarzgelbさんはまだ時間があるとのことでブレーメンに向かうICが来るまでの間お付き合いして下さるとのこと。そんなわけで水を求めて駅の中にあるスーパーに入ったらミロとメッツェが宣伝してるAirwavesのDVD付きパックが売ってるじゃありませんか!

Airwaves

そんなに高くなかったので(日本円にして500円くらい?)迷わず購入。

その後はICの入るホームにてしばしお喋り。やがて彼女に見送られ、ハンブルク行きのICに乗り込んでミュンスター、オスナブリュックを経てブレーメンへ。ブレーメン中央駅でカリーヴルストとパンを食べて夕食代わりにし、ジュースや菓子等を買い込んでホテルへ。さすがに怪我した足で歩き回って疲れたのでこの日はさっさと寝ることに。というわけでこの日の予定はこれにて終了。

ドルトムントでお付き合い下さったお二方のおかげで大変楽しい時間が過ごせました、ダンケです!デュイスブルクでK+Kの活躍を拝めたのもお二人のおかげですしね。ホントに活躍してくれちゃって最高でした!!
| 00:40 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
デュイスブルクへ
朝7時に起きてシャワーを浴びる。この日の夜に行われるデュイスブルク×ブレーメンの試合を見るため午後にはデュイスブルクまで移動する予定。と、その前に週末のブレーメン×ケルンの試合のチケットを手に入れなきゃいけないのでバスで中央駅まで移動、駅の中にあるツーリストインフォメーションで市内の地図をもらってから10番のトラムに乗ってSt.Jurgen-Str.まで。ここからちょっと歩くとブレーメンのホームスタジアムであるヴェーザー・シュタディオンがあるんですね。

ヴェーザー・シュタディオン手前

川沿いを歩いていくとスタジアムが見えてきます。

ヴェーザー・シュタディオン

テレビで見慣れたあのスタジアムが目の前に。

ヴェーザー・シュタディオン正面

これが正面。ここのさらにまっすぐ奥へと歩いていくと……。

ファンショップ入口

ファンショップがありました。スタジアムの左側にもひとつお店があって試合日にはそちらも開いてるのですが、この日は閉まってました。とりあえず中に入ると右側に行列が。どうやらここがチケットカウンターみたいなので並んで順番を待ち、カウンターにいるお兄さんに「ケルン戦のチケットまだ残ってる?」と聞いてみると座席図を指差しながら空いてる席を案内してくれたので、あれこれ説明を聞いた後無事チケットをゲット。その後店内を物色。レジ横で選手のポストカードが売られてましたが人気選手のはことごとく売り切れ状態。まぁここにはまた後日来るつもりだったので買い物はそのときでいいや、と再び歩いてSt.Jurgen-Str.まで。

広告?

ちなみにファンショップを出ると正面にこんなのが立ってました。

トラムの車窓から見えた街並みが気になったのでSt.Jurgen-Str.からは逆の道を辿って中央駅まで歩くことに。道沿いにいろんな店が並んでて見てるだけでも楽しい。トラムの軌道を辿りつつ20分〜30分くらい歩くとペトリ大聖堂や市庁舎のあるマルクト広場に到着。

大聖堂

立派な大聖堂です。世界遺産の市庁舎も負けず劣らず立派。

トランポ

W杯のPRのためか、マルクト広場でイベントやってました。子供のフットサル大会とか関連グッズの販売、抽選会みたいなのとか。楽しそうなのであれこれ見て回ってから再び中央駅を目指すことに。ちなみにこの辺にはDomsheideという駅があってですね、中央駅からここまでくればSt.Jurgen-Str.よりもひとつスタジアムに近いWeser Stadionまで行けるトラム(確か3番?)に乗れます。日本のと違ってここのバスやトラムは一度チケットを買うと(チケットは中央駅前の案内所等でも買えますが前のドアから乗車して運転手さんから直接買うことも可能)3時間以内であればそのチケットで乗り降りできるので便利です。あと、試合のチケットを持ってれば試合開始の6時間前から市内の交通が乗り放題ってのも便利!

風車

中央駅に向かう途中左手に風車が。

ブレーメン中央駅

そんでもって中央駅と鳥居。

中央駅まで戻ってからはDBの案内所のおじさんにデュイスブルクまでどの電車に載ればいいかを確認。7番から出るICに乗ればいいらしい。発車まで時間があるので駅の中にあるパン屋でドリンクとパンを買ってホームで軽く昼食。クロワッサンもイチゴジャム入りのデニッシュも美味しい!食後はミロとメッツェがCMをやってる例のガムを噛んでみる。

……CMでメッツェの鼻がスーッてなってるのがよくわかる!(笑)

ちなみに前の晩テレビ見てたらそのCMもやってました。

が、そんなことをしてる間に実は隣の8番のホームにICが到着してたのですね。あれ?と思いつつ7番ホームを見るとハンブルク行きの特急らしき青い車両が止まったまま。え?もしかして発着ホーム変更ですかそれってありですかと慌てているうちに無情にもICのドアが閉まってしまいそのまま発車……。仕方ないので次のICに乗ろうと時刻表を探す。

1時間後だそうですよ、次。

そのままホームにいても暇なので駅裏のスーパーに行ってみることに。わー、結構何でも売ってる!ブレーメンのメインスポンサーとしてお馴染みのKIKも入ってました。なんというか、うん、ドイツ版ユニクロ、っつかしまむら?(笑)結構安かったですよ。サイズはこっちのが普通に大きいの売ってるので背の高い自分なんかはこっちで買った方がいいかもとか思ってみたり。店内をウロウロしていると雑誌コーナーでピンクユニのヴィーゼが表紙のWERDER MAGAZINを発見。こんなとこでも売ってるんですねー。後で駅の入口にある本屋でも見かけました。これと手が荒れてたのでハンドクリームを買い、また駅のホームへ。

WERDER MAGAZIN

これがWERDER MAGAZIN。フリンクス表紙のは週末のケルン戦で売られてたもの。待ち時間にちょっとだけ中身を見てましたが、選手のインタビューや写真だけでなくちょっとしたクイズやファンのページなんかもあったりしてなかなか充実してるのにこれで1ユーロって凄いです。

WERDER MAGAZINを見てる間に今度こそ予定通りICが到着したのでそれに乗ってまずはドルトムントへ。そこからはICEに乗り換えデュイスブルクへ。今夜はこの駅の近くにあるホテルに泊まるのでまずはチェックイン。そんでもって必要な荷物だけを持って再び駅へ。が、スタジアムに向かうバスに乗りたいのにバス停の場所がわからない。近くにいたどう見てもスタジアムに行きますという格好のブレーメンサポを掴まえて場所を聞いてみるも彼らもバス停を探しているという……。そんなわけで一緒にデュイスブルクサポを掴まえて尋ねてみると、駅の横にあるUバーンからも行けるらしいということなので前述のブレーメンサポと一緒に地下へ。車内ではみんなビール瓶片手に歌ってる歌ってる。初のブンデス生観戦に向けていよいよ気分が盛り上がってきます。後は彼らについて行くだけでスタジアムに到着。ファンショップでチケットを手に入れゲートへ。ゲート前でブレーメンのグッズが売ってたのでマフラーを購入、ゲートで荷物&ボディチェックを受け中へ。

ゴール裏から

席はアウェイのゴール裏前方右側(ピッチから見ると左側)。すぐ右横のコーナースタンドにはアウェイに駆けつけたブレーメンサポが陣取る。ドリンク片手に席に座りしばらくすると向こう側のゴール前に練習のためデュイスブルクのGKコッホさんが登場。ホームのサポから盛んに声援が飛ぶ。さらにしばらくして今度はこちら側の目の前のゴールにヴィーゼが登場すると彼らからは物凄いブーイング。でもこちら側のブレーメンサポからは温かい拍手が。ちなみにヴィーゼはラウテルン時代にコッホさんから正GKの座を奪ってるんですよね。目の前の光景を見ながらそんなことをふと思い出してみたり。

やがて他の選手も続々とピッチに登場。ちょうど自分の目の前ではミロとボロが何やら話しつつ走ってます。かと思えばそこにフリンクスが加わって3人でボール回してみたり、3人で仲良くストレッチしてみたり。

練習が終わると選手が一度引っ込んじゃいましたがすぐに選手入場、そして試合開始!前半はヴィーゼの勇姿を、後半はK+Kの活躍を目の前で見られて大満足。試合も3-5で勝ちました!でも、バルデス君のゴールが見られなくて残念。そうそう、バルデス君といえば彼が黄紙もらっちゃった直後にこっち側のサポからクラスニッチ出せってことなのかイヴァンコールが起こってました。みんな正直だ……。あと、ミロがドペル達成後には"MIRO KLOSE FUSSBALL GOTT!"のコール。これ一度言ってみたかったのですんごく嬉しかったなー。こうやって盛り上がるのも生観戦の醍醐味ですよね。アウェイなのでゴール後の例のコールができなかったのが心残りだったのですが、その思いは次の試合で思いっ切り報われることに(笑)。

試合後にはまず選手たちが挨拶にきてくれて、みんなで手を繋いでバンザイ。自分も含めこちらの観客は両手を前に伸ばしおいでおいでをするみたいに手を振って、選手たちがバンザイするのに合わせてこちらもバンザイ!これもやってみたかったんで実際にみんなと一緒にできて感激。さらにしばらく後にはシャーフコールも起こったのですが、監督、ちゃーんとこっちまで来て手を振ってくれました。素敵!

あと、別な意味で素敵だったのはシュルツ→パサネンの交代の際にスタジアムのビジョンに映し出される写真がパサネンじゃなくてファンダーだったんですよ。一瞬4TOPに次ぐ新たな戦術かと思いましたよ2GK……ってんなわけない!(爆笑)あれ何だったんでしょうね?ただの間違い?それともアウェイだからわざとやってんのかー!?まぁ笑えたのでどっちでもいいです。

そんなこんなで初のブンデス生観戦を楽しく終え、ホテルに戻った自分を悲劇が襲うことになるとはこのときはまだ知る由もなかったのでした。

以下、ちょっと痛いかも、な話なので流血沙汰とか苦手な人はご注意を。
続きを読む >>
| 21:51 | 2006年ドイツの旅 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by せりか |
いざドイツへ
初めての海外旅行で憧れの地ドイツへ行ってきました。旅行中にちょこちょこメモをとってたのでそれを基に慣れない旅行記なんぞ書いてみたいと思います。

初めての海外ということであれこれ準備でバタバタしつつもいよいよ出発当日。始発の電車で京都駅まで行き、そこから関空特急はるかに乗り換え関空へ。いちばん混雑してた時期を外したのでチェックイン、出国手続きはスムーズに済んで搭乗前に軽く朝食。搭乗を待つ間に家族に電話したり友人にメールしたり。やがて搭乗手続き開始のアナウンスが入ったので案内に従って機内へ。どうやらいちばん後ろの窓側の席の模様。トイレの真ん前。とりあえず荷物を置いて座席の前のポケットに突っ込んであった機内誌をパラパラとめくってみたら。

ルフトハンザ・マガジン

うわーなんかW杯特集みたいですよさすがルフトハンザ!(手前のがそう。奥のは後述しますがICE車内でもらってきたもの)W杯の開催地について代表選手がコメントしてたりネッツァーさんやコッリーナさんの記事があったり。せっかくなのでもらってきちゃいました。で、ページをめくってるうちに離陸の時間。海外どころか飛行機に乗るのも初めてだったのでかなりドキドキものだったのですが、ゆっくり滑走路まで移動して、滑走路に入った途端凄いスピードで加速し始めたかと思うとあっという間に空へ。上昇したり旋回したりする際にフラップが動くのが見えてなかなか楽しい。というかこんな大きな機体を操れるパイロットって凄いなーとか子供みたいなことを思っちゃいました。

フランクフルトへ向かう機内のモニターではW杯特集みたいな番組もやってたりして、バラックの笑顔に悩殺(笑)。ちなみに帰りはパラグアイ代表の紹介でロケとバルデス君も見られました。美味し過ぎますルフトハンザ……。

で、機内で映画見たり音楽聴いたり本読んだりちょこっとうたた寝したりしてる間に飛行機はドイツ上空へ。フランクフルトが近付くに連れだんだん高度が下がってきて眼下にアウトバーンをかっ飛ばす車が見えてくる。どうでもいいですが高度落とす時ってけっこうがくんと「落ちる」感じがするものなんですねー。初めてなのでちょっとビビってしまいました。でもそんな自分をよそに飛行機はどんどん高度を落としていきやがてランディング。

いやー、何はともあれ無事ドイツに辿り着きましたよ!ということで荷物をまとめてターミナルへ。

フランクフルト空港にて

パスポートをチェックしてスタンプを押すだけの簡単な入国審査を経て荷物を受け取り(空港広いのであちこち探し回ってしまいました)、本屋でさっそくお買い物。

RUNDとドイツ代表写真集

ミロが表紙の「RUND」もドイツ代表写真集も普通に置いてありました。

子供向け(?)おまけつき雑誌

他にも子供向けの雑誌のコーナーに代表選手のポスターブックみたいな本とかシールがおまけについた本とかあったのでそれもまとめて購入。

いきなり増えてしまった荷物を手に、ブレーメンに向けて北上するためDB(ドイツ鉄道)の駅に向かう。ジャーマンレイルパスをヴァリデイトしてもらい、日付を記入してホームへ。どのホームに行けばいいのかわかんなかったのでヴァリデイトの際お姉さんに尋ねてみたら、ブレーメンまでの乗り換え案内をプリントアウトしてくれました。どの時刻にどのホームに入ってくるどの列車に載ればいいのかきっちり書いてあってとても大助かり。でも、てっきりハノーファー経由になるかと思ってたらドルトムント経由で向かうようです。

フランクフルト空港駅

空港を出たらこのエスカレーターを降りて。

フランクフルト空港駅ホーム

長距離列車専用のホームへ。

案内表示

そんでもってドルトムント行きのICEの到着を待つ。一部ケルンで切り離す車両があるらしいので表示を確認しつつ到着したICEに乗り込み、北上開始。で、ルフトハンザの機内誌のところで一緒に紹介したバラックが表紙のマガジンが私を出迎えてくれました。いやーしかしICEの車内は広々としてていいですね。自分は1等のパスを持ってたので1等車に乗り込みましたが2等でも十分広いんですよ。ちなみに日本の新幹線と違って自由席と指定席で車両が違うなんてことはなく、予約をしてなくても空いてる席があれば勝手に座っちゃっていいようです(予約済の席には表示があるので座席の上もしくは窓を見ればすぐわかります)。

車窓を流れる景色を楽しみつつ北へ。なんだか頭の中を溝口肇氏のかの有名な曲が……(笑)。

途中の駅でケルンマフラーを巻いたおじさんを発見。この先はケルンだから多分試合観に行く人なんだろうなと思いつつさらに北へ。ケルンで停車中に目の前のお店でソーセージ焼いてたので思わず買いに走りたくなりましたが置いてかれても困るので諦めました。ここじゃなくたってどこでも食べられる……はず。で、やはりここで車両を切り離しこちらの車両はドルトムントへ。ちなみに遠くに大聖堂らしきものがちらっと見えたのですがあれが噂に名高いケルンの大聖堂とかいうやつだったのでしょうか……。

その後ドルトムントでECに乗り換え、ブレーメンへ。予定よりちょっと遅れて到着、その頃には既に現地時間で夜の8時半を過ぎていた、はずなのにあれれまだ明るいですよ!こっちは日が長いんですねー。

ブレーメン中央駅

これでも夜……のはずなんです。

駅を出たら赤い鳥居が経っててさらにびっくりしたのですが、どうやらアジアをテーマにしたイベントか何かをやってる模様。気にはなったものの長旅で凄く疲れてたので急いでホテルへ。バスは2両編成で広々としてたので大きなスーツケース持ってても平気でした。ホテルにチェックインした後はとりあえずテレビをつけてみたりして。そしたらドイツ語でERやってました。何がやってるかわかんないのであちこちチャンネルを変えてたらブンデスのハイライトが。

どうやらドルトムントもレバークーゼンも勝ったようです。ドルトムントはコラーさんが復帰した模様。そんでもってレバークーゼンはベルバトフが2点決めたようなのでこりゃミロも明日の試合頑張んなきゃねー!と思いつつこの日は早めに寝ることに。

というわけでこの日はここまで。
| 20:50 | 2006年ドイツの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by せりか |
旅の準備
関空〜フランクフルト往復の航空券とジャーマンレイルパス、ブレーメン市内のホテルは手配済みなものの某さんたちの悪魔の囁き(笑)に抗えずデュイスブルクにも行ってみようかなーと思い始めてたのですが。

ニュルでのF1ヨーロッパGPが同時期に開催ということに最近気付きまして。

なんかこっちも行きたくなってきましたよ……。

でも、基本的に北部滞在だからなー。ニュルは遠いかやっぱ。素直にデュイスブルク近郊のホテルと試合のチケットを予約しとこうかな?
| 23:58 | 2006年ドイツの旅 | comments(3) | trackbacks(0) | posted by せりか |
そうだドイツに行こう?
今年こそはブンデス生観戦を!と思いゴールデンウィークを利用して行けないものかなぁとあれこれ調べてたのですが、海外旅行は未経験なため何から準備すればいいのやら。とりあえずパスポート申請に必要な書類を役所まで取りに行ってくれと親に頼んでおきましたが、それ以外は何にも準備できてません。同じくGWに旅に出られる予定のhebee04さんschwarzgelbさんのブログを見てたら航空券とか宿なんかは早く押さえとかなきゃと気は焦るのですが……。

いやしかしGW前半に出発すると高いんですね。2日以降の出発ならだいぶお安くなるようですが、海外なんて滅多に行けるもんじゃないですからあちこち行っておきたいし。うーん。

こんな状態で果たして5月に無事ドイツにいけるのか?激しく不安です。まぁ無理そうなら改めて次の機会を待てばいいのですが、でも来シーズンになったら選手の顔ぶれも変わっちゃいますし。できれば今シーズンのうちに行きたいです。頑張れ自分!

あ、ビーレフェルト戦の試合結果と感想はまた後ほど更新しますですよ。決して忘れてるわけでは……。

追記:GW中のブンデス日程(仮)はこんな感じ。

03.05.06 20:00 Hertha BSC Berlin:Bayer 04 Leverkusen
03.05.06 20:00 1.FC Nürnberg:Borussia M'gladbach
03.05.06 20:00 Hannover 96:Borussia Dortmund
03.05.06 20:00 1.FC Köln:Hamburger SV
03.05.06 20:00 Eintracht Frankfurt:1.FC Kaiserslautern
03.05.06 20:00 MSV Duisburg:Werder Bremen
03.05.06 20:00 FC Bayern München:VfB Stuttgart
03.05.06 20:00 VfL Wolfsburg:1.FSV Mainz 05
03.05.06 20:00 FC Schalke 04:DSC Arminia Bielefeld

06.05.06 15:30 Werder Bremen:1.FC Köln
06.05.06 15:30 DSC Arminia Bielefeld:MSV Duisburg
06.05.06 15:30 1.FSV Mainz 05:FC Schalke 04
06.05.06 15:30 Hertha BSC Berlin:Hamburger SV
06.05.06 15:30 VfB Stuttgart:VfL Wolfsburg
06.05.06 15:30 Bayer 04 Leverkusen:1.FC Nürnberg
06.05.06 15:30 1.FC Kaiserslautern:FC Bayern München
06.05.06 15:30 Borussia Dortmund:Eintracht Frankfurt
06.05.06 15:30 Borussia M'gladbach:Hannover 96


とりあえずブレーメンホームの試合は絶対見に行きたいのですが、まだ土曜開催か日曜開催か決まってないんですよね。ということは月・火と有給取って休み伸ばして帰りは月曜発の飛行機を予約しておいた方がいいのかな?

さらに追記:ラスト2節は全試合同時スタートだったのを思い出しました。ということは日曜発も可、かな。運賃高いけど。
| 20:29 | 2006年ドイツの旅 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by せりか |
| 1/1 |